« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

杉山美奈子著『言いにくいことの上手な伝え方 』

Sugiyama_minakoiinikuikoto すばる舎 2009年 1400円

確か、門脇知子さんの番組「radio surprise」の冒頭で紹介された本だったと思います。いいにくいことをどうやって伝えたらいいかということがクエッション&アンサー形式で書かれています。こんな言い方をするんだっていうのもありましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本のタイトルなどを残すノート

私が実際に使っているのは、会社に居ると置いてあるデスクダイアリーです。 パソコンならエクセル保存がおすすめです。来年用は会社員ではないので貰うことが出来ない私ですが、あったら欲しいですね。今使っているのは2008年のなんですが、これに本を読んだタイトル、CDをMP3化したもののタイトルを書いています。私のお気に入りはJ社さんので、罫線がA罫のノートくらいのサイズのです。昔はこれに気になった言葉も書いていたんですが、最近はワードに入れて保存しています。著作権があるんでアップしたりすることはできませんが、結構振り返って読んでみるとこんな言葉あったんだっていうのを思い出したりすることがありますね。本のインデックスにあたるところは、スキャナーで保存しています。スキャナーならかさばらないからいくらでも保存できるもんね。本をスキャナーしたいんなら、1万5千円とかで売られているインクジェットプリンターのスキャナーでも十分ですよ。私はこれをよく使っています。今はプリンターより大活躍かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野敬介著『今、頑張れないヤツは一生頑張れない。』

Yoshino_keisukeima_ganbarenai 世界文化社 2008年 1300円

吉野さんの熱い言葉がいっぱい載っています。予備校の講師として勝ち残っていくためには、授業時間よりも準備(教科書作成など)に3~4倍の時間をかけることが大事なんだそうです。予備校教師ってそんな苦労があったんですね。

「成功したいのなら、人の3~4倍努力しろ」この言葉が印象的でしたね。私にとっても身にしみる言葉でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原田永幸著『とことんやれば、必ずできる』

Harada_eikoutokoton かんき出版 2005年 1400円

現在、マクドナルドの社長をしている原田さんの著書です。もっとあるのかなと思ったけど、この1冊のみ。ちょっと意外です。

自身の体験を基に書いているんですが、NCR時代は技術者だったけど、HPに入り、営業になってしまい、自分は向いていないと思ったら、実は他の方向が向いているということにも気づいたということも書いてあったと思います。会社でやりたいことがない、マンネリ化している人が読むといいのかなって思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

三宅裕之著『毎朝1分で人生は変わる』

Miyake_hiroyukimaiasa1pun サンマーク出版 2008年 1400円

これも去年読んでみたいと思っていた本です。

朝早起きすることでこんなことができるんだということなんですよね。

毎月28個モノを捨てるというのは耳が痛いですね。

捨てるのが苦手なもんで。

三宅さんのブログです。

http://ameblo.jp/synergyplus/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の書評

最近、まめに更新しています。気づいたんですが、前より早く読めるようになったんですよね。昨日図書館で5冊借りたんですが、あっという間に3冊読んでしまいました。前に借りた2冊も読んでいるので、この日の移動だけで5冊も読んでいます。

てなわけで、また今日本を返して借りてこないといけないような感じですね。

図書館の多くは明日までです。家の地元もお隣の町田も同じです。

本は持って帰ってくるのが重たいんですが、お正月に移動している間が暇なんで無いと嫌なんですよね。

映画の方は観れる時間があったらアップします。

CDは昔はしまくった時期もあったけど、最近はこれっていうのが無いんだよね。

ほとんど聴いているのFMだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トニーブザン『頭がよくなる本』

Toni_buzanatamagayokunaruhon 東京図書 1982年 930円

これは、私が借りた本の値段です。画像は2006年に改訂版として出た本のものです。

吉永賢一さんの本の中で「感銘を受けたことがきっかけになって勉強法を考えるようになった」みたいな記述があったんで読んでみたんですが、ピンとこなかったんですよね。

暫く経って読んでも駄目そう。やっぱり、凡人で終わってしまうんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古川裕倫著『オヤジが教えるこんな会社選びが「できるプロ」への第一歩だ』

Furukawa_hironorikonnnakaishaerabi 2007年 ファースト・プレス 1500円

一番のおすすめは、就職活動をこれからする人~20代ですね。この世代の人へのメッセージ本という要素が強いんです。

あまりオジサンが読んでも今更っていう感じもします。

おすすめ世代に入っている人は中谷彰宏さんの『面接の達人』を読むのもいいんですが、この本も本当にいいので是非読んでみて下さい。

私が大学出た頃ってこんな本あったかなっていう気もします。あまり聞かなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田浩子著『P&G式世界が欲しがる人材の育て方』

Wada_hirokopg 2008年 ダイヤモンド社 1500円

以前に読んでみたいなと思っていた本です。

実際に中身を読んでみると、内容としてはいいのかなと思うのですが、カタカナ用語が多い為、何を言いたいのかがわからなくなってしまっているんです。P&Gが外資系なんで、カタカナ用語の品名があるのはいいのですが、何の用語のためにカタカナにしているのかがわからない。

これがもう少しましならかなりいい話だったのかもしれませんね。

ビジネス書を読み慣れていない人は嫌になりそうなんでおすすめはできませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤巻幸夫著『藤巻流実践・巻き込み術』

Fujimaki_yukiojissen_makikomijyutu 講談社 2009年 1400円

私にとっては2冊目になると思います。

藤巻さんの伊勢丹時代の話がいろいろ盛り込まれています。失敗談もあって嫌味が無く読めるんですが、ここまで目立つためにやるべきかということもあるし、素晴らしいなと思うこともあります。

私も似たようなところがあるんで、こういうところで仕事をしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中原保裕・さとみ著『リベンジ薬理学』

Nakahara_yasuhiroyakurigaku 秀和システム 2007年 1800円

薬理学初心者向けの本です。この前書いた生田哲さんとはまたちょっと違った切り口になっています。

図解が多くわかりやすくなっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

生田哲著『勉強したい人のための薬理学のきほん』

Ikuta_satoshiyakurigaku 日本実業出版社 2009年 1800円

諸事情により、薬理学を勉強せざるを得ず、読んだ本です。

薬科大学出身の為、最初は基礎的なことから話しています。

専門的な用語が多いですが、図解を多くしていて絵でわかりやすくしているのが特徴です。初心者向けの本ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高野博幸著『資格試験「半年・独学」勉強法』

Kono_hiroyukishikakushiken_hantoshi

日本実業出版社 2009年 1300円

半年で資格に合格するテクニックが書かれています。結構使えそうなのがありますね。

一番大事なことは、基礎をおろそかにしてはいけないらしいです。あと、量をこなすことも大事だそうです。色々あるんですが、ここでは書けないので気になる人は本を読んでみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大坪勇二著『手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術』

Ootsubo_yujinenshu1655_1850manen 2009年 ダイヤモンド社 1429円

ソニー損保で手取り1655円から1850万円になった大坪勇二さんの本です。5つのツールを使ったりちょっとしたきっかけでこの金額に差が出たんですが、それを赤裸々に綴っています。私でもできそうなツールがあるんで、試してみたいですね。

ブログ→http://ameblo.jp/s-samurai-blog/

HP→http://www.s-samurai.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

浜口直太著『ほくは悩んだ分だけ成長できた。』

Hamaguchi_naotabokuhanayanda PHP研究所 2009年 533円

以前読んだことがあると思ったら3年前に単行本として出たものだったんですね。

一度読んだことはあるんですが、楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHPカラット編『朝に強い女性になるカンタン習慣』

Phpasanituyoijyosei 2007年 PHP研究所 900円

2009年に単行本としても出ています。

図が多く、わかりやすい感じです。女性でなくても男性でも参考になると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田有人著『世界のビジネスを変えた世界の経営参謀』

Yamada_aritosaikyou_keieisanbou 税務経理協会 2008年 1500円

ちょと話としては難しくて理解できませんでした。

なんとなくというところもあったんですが、読んでて飽きてしまいましたね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

古川裕倫著『30歳までに身につける仕事で一番大切なこと』

Furukawa_hironori30sai_taisetunakot 日本実業出版社 2009年 1300円

私自身、現在30歳になったんですが、確かに若い世代の人に読んでもらえると役に立つかなという気もします。

考えるより行動すること、会社の中で教えてもらって勉強するということが大事だということ、読書が大事だということ、あと、転職はした後が一番危ないということだそうです。

文章はわかりやすいんで、あまり普段ビジネス書を読んだことが無い人でも読んでもらえるのではないかと思います。

おさらいをコピーしてもっていて読み返すといいのかなと思います。

やっと3冊読み終わりました。明日あたりに次のリクエストで届いているのを取ってこようかなと思っています。本のコメントはまだしばらくは書けると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の他のブログ

私自身が作っているページのリンクは、プロフィールの中を開いてもらうと行ける様になっています。良かったら遊びに来てくださいね。

ただし、コメント荒らしは禁止です。(見つけた場合は削除します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

浜口直太著『ピンチをチャンスに変える!仕事と人生の知恵50』

Hamaguchishigoto50 潮出版社 2009年 1200円

最新刊ではありませんが、半年位前に出た本です。9月に予約して今頃届いているので、おそらく私が一番最初かそれに近い感じです。

この本でよく言っているのが、「謙虚になれ」、「小言を大事に」「諦めるな」ということですかね。浜口さんの著書って結構似たような傾向が多いんで一気に読むと飽きてしまうんですが、たまに読むと新鮮に感じることもあったりします。本の目次に書いてあるメッセージだけでもどこかに残しておくといいのかなと思います。

今まで、何回か浜口さんの著書に関しては書いているのですが、ここでは初めてになると思います。今までのコメントを見たい方は「スカラベルージュ」で書いているんで、探してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『販売士3級過去問題集 (第3版)』

Hanbaishi3kyuu_2009 TAC出版から出ている販売士3級の過去問題集が11月に改訂されました。私が受けた64回も入っています。

私は既に2級まで受かっているんですが、受ける時に使った問題集とかは改めてまとめます。

もうちょっと待って下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田秀樹著『受験エリートがビジネスエリートになる―格差社会を勝ち抜く「超」勉強法』

Wada_hidekijyukenelite_business_eli 東洋経済新報社 2006年 1470円

受験をなくすべきという意見もあるのですが、和田さんの意見ははっきりと「難関大学に入ることがエリートになるための近道」「子供にはお金を残すより、いい教育をしてあげたほうがいい」とも書いてあるんですが、注意書きとして、「無理であれば無理をしない方がいい」ということも書いてあったような気がします。子供を褒めて伸ばすというのもいいと書いてありますね。私も一流校行けたらいい人生が歩めたのかなと思うこともあったりしますが、今更なんですよね。もっと早く知ってれば良かったかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白潟敏朗著 『デキるトップのすぐ効く!しかけ』

Shirakata_toshiakidekirutop_shikake

大和書房 2008年 1365円

トップというふうに書いてありますが、社長さん他、上司に対してこうやったらどうかという感じの本ですね。

最後のNGといいものの文章の違いがイマイチよくわかりませんが、最初の方はなるほどなと思えるものもありました。

白潟さんの本は図や絵が多いのでさっさと読めますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『カンブリア宮殿村上龍×経済人 2』

Kanburiakeizaijin2 日本経済新聞社 1680円 2008年

今回は経済人ですが、私の中ではそこまで有名ではないかなという感じの人でした。

今回の人は他の会社から移ってきた人が多いんですよね。

やっぱり、最初はいろいろな面で苦しんだみたいですが、改革をして成功したという人ばかりでしたね。

前回のコメントは削除しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

『カンブリア宮殿村上龍×経済人』

Kanburiakeizaijin 先程ビデオを録ったものを見ていました。

この頃は私は見ていなかったので、出たこと自体知らない人ばっかりなんですよね。著名人が多いので、私の知っている人も多いんですが、何社か知らない人も居ますね。

経済人の多くが、嫌なことがあってもやめずに我慢って言っていますね。私はそれがかなわなかったので、最初の会社は1年ちょっとになってしまいましたが。今はリストラがあるからこれにあてはまらないんですよね。皆さんそれなりに苦労しているんですよね。私もがんばろっと。

それにしても、ページ数が多かったですね。300ページ以上。電車の中で読みました。

今後の更新なんですが、やっとちょこちょこと出来そうな感じです。

予約した本がちょくちょく来ているようなんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

今年の手帳

2010 和田裕美さんの本のコメントをしたので、ついでに手帳についてコメントします。

来年用は「売れる手帳2010」にしました。

今回は欲しかった赤が初めて発売となりました。私は赤が大好き(似合うらしい)なもんで、うれしいですね。私にとっては3冊目ですが、本気で使うのは2度目です。(去年はほぼ日を結局使ってしまったので)

スケジュールがそれほど多くなければ十分に使えます。右側にメモ欄があるのがいいですね。紙質もいいので、気持ちいいです。この手帳、結構色々な所に置いてあって、今までは本屋中心でしたが、東急ハンズの町田店でも扱っています。1600円だったと思います。

買っていない人はそろそろ買わないと無くなりますよ。

私はこの手帳をゴムで留めてジェットストリームの3色ペンを挿してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田裕美著『 人生を好転させる「新・陽転思考」』

Wada_hiromijinsei_kouten_youtenshik ポプラ社 2009年 1300円

和田裕美さんの最新刊の1個前の本です。

和田さんらしい、ほんわかとした表現ながらも明るくなれるというところがいいですね。最近暗いニュースが多いですが、暗いのを吹き飛ばせそうな感じがします。

本の中で印象に残った言葉を書いておきますね。

最初は、「最悪だ」とパニックに陥る→その事実から「よかった」を探す→「最悪だ」と「よかった」を並べておく→「さて、どっちを選ぼうかな」と二者択一をする

失恋は次の恋のチャンス 失業は次の仕事へのチャンス 失敗は見直しのチャンス 悲しみは強くなるチャンス 孤独は自分を見つめなおすチャンス

自分はダメだ。世間がダメだ。社会がダメだ。否定ばかりしていて、何が生まれますか?否定からは否定しか生まれません。

この文章に興味を持ったら読んでみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

吉永賢一著『東大家庭教師が教える頭が良くなる記憶法』

Yoshinaga_kenichitodai_kiokuhouやっと試験も終わり、更新出来るようになりました。

実はこの本、10月に1ヶ月地元の図書館が改装の為閉館になった時期があったんですが、その前にリクエストしていた本です。新品です。読書法も予約しているので、そのうちに来ると思います。

この本も含めて4冊届きました。あと、2冊位は近々届きそうなんで、頑張って読まないといけないですね。

さて、この本なんですが、記憶法です。以前別の人の読んだのですが、またそれとは違う感じですね。因果関係をつけると覚え易いんですが、どうやったらいいのかなっていうものも結構あったりします。私なりに色々やってみたいなと思わせる本でした。

また読んだら随時更新していきます。今度の手帳は和田裕美さんの「W's Diary」です。この手帳を使うのは一昨年に続いて2度目になります。新しい手帳を使うとうきうきしますね。彼女の本も借りて持っているので、近々コメントを書けると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

東京商工会議所編『カラーコーディネーター検定試験2級問題集』

2 中央経済社 2007年 2000円

現在、日曜日の試験に向けて勉強している本です。

ちょっとやるのが遅すぎました。でも、頑張ってエンジン全開でやりますぞ。今回は4択は少なくて穴埋めが多いので、解説が少ないですが、何とかなっています。別の本(メインの教科書)を使いながら勉強しているので今回はそれほど不便ではないのですが、1箇所どっちかなっていうのはあります。別にそれが出来ないから落ちるということでもないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »