« 昴 | トップページ | ㈱OJTソリューションズ編 『人を育てるトヨタの口ぐぜ』 »

2010年1月28日 (木)

小山昇著『経営の見える化』

Koyama_noboru 中経出版 2009年 1429円

最新刊の1個前の本です。以前読んだ本と書いてある内容がほとんど変わっていませんでした。以前読んだ本は会社の内容が多かったのですが、今回のは若干減らしてあって一般人でも読みやすくなっているかなと思います。

これはわかりやすいなと思ったのを紹介します。

「資産の部」は「現金化しやすい順番である」ということ

「負債および純資産の部」は、「資金を調達しやすい順番」

これ知らなかったです。何で大学で教えてくれなかったのかな?(一応三流以下ですが、経営学部出身です)

「攻めの経費」・・・新規事業・新規出店・新規お客様開拓のための販売促進費

「守りの経費」・・・既存事業のための人件費・役員報酬・減価償却費・経費

この区分ってあまり見ないんですよね?

|

« 昴 | トップページ | ㈱OJTソリューションズ編 『人を育てるトヨタの口ぐぜ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281699/33156609

この記事へのトラックバック一覧です: 小山昇著『経営の見える化』:

« 昴 | トップページ | ㈱OJTソリューションズ編 『人を育てるトヨタの口ぐぜ』 »