« 幼獣マメシバ | トップページ | 小山昇著『経営の見える化』 »

2010年1月28日 (木)

Photo_2 主人公のすばるがバレリーナを目指して一生懸命になる姿を描いた映画です。バレエを始めるきっかけとなったのは、双子の弟和馬の病気(脳腫瘍)でした。和馬は後に病気の為亡くなってしまうんですが、それをばねにして一生懸命バレーに取り組み、海外で活躍する姿が描かれています。最初の頃は師匠に嫌味を言われたりしますが、成長する姿はいいですね。

最初の方でバーのおばちゃんが出てきてストリップの話とかが出てくるのであまり小さい子供には見せない方がいいかなと思うところもありました。

黒木メイサさんはバレエは特訓した甲斐があって、上手かったですね。この写真だとメイサさんってわかりづらいんですが、途中の写真を見るとわかりますよ!

|

« 幼獣マメシバ | トップページ | 小山昇著『経営の見える化』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281699/33151795

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 幼獣マメシバ | トップページ | 小山昇著『経営の見える化』 »