« 『キル・ビル』 | トップページ | 林文子著『不思議なほど仕事がうまくいく「もう一言」の極意』 »

2010年1月21日 (木)

繁田和貴著『開成番長の勉強術・記憶術』

Photo  同じ著者の本を一気に2冊読んだんで、一緒にレビューを書きますね。

たまたま同じ時期に図書館から貰ってきたもんで、偶然なんですよね。片方は大和、片方は橋本なんですが。

記憶術の方は2009年で勉強法は2008年出版です。出版社は両方とも白夜書房で値段は1300円です。

SAPIXで10年に1度の秀才が、開成中学に入ったと同時に一緒に居るクラスメイトを見て効率よく勉強ができる方法が無いのか疑問に持っていたらしいです。Photo_3

高校時代は麻雀、大学ではパチンコにはまってしまったらしいんですが、どうやって勉強したらいいのか考えたのだそうです。語呂合わせもちょっと独特なんですが、以前別の本でインパクトのある語呂だと覚えられるのだそうです。

中々作るのが難しいのですが、自分なりに覚えてられればいいのだそうです。私も実践してみようと思っています。結果が出たらお知らせしますが。

あとリクエストした本が2冊来ているので、読んだらコメントします。

|

« 『キル・ビル』 | トップページ | 林文子著『不思議なほど仕事がうまくいく「もう一言」の極意』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281699/33065390

この記事へのトラックバック一覧です: 繁田和貴著『開成番長の勉強術・記憶術』:

« 『キル・ビル』 | トップページ | 林文子著『不思議なほど仕事がうまくいく「もう一言」の極意』 »