« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

アマルフィ

Photo

昨年、織田裕二さんと天海祐希さんが競演したことで話題になった映画です。

舞台はイタリアで、織田裕二さんは外交官なんですが、設定がはっかりしなくてあやふやなまま終わってしまう感じでした。

もうちょっとわかりやすくしてほしかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『Rookies-卒業』

Rookies

昨年大ヒットをした映画です。

一昨年テレビで放送をし、大ヒットしたことに伴って映画化したんですが、これだけヒットしたのも珍しいかもしれませんね。

私はコーヒーを買ったんですよね。キティのおまけが付いていて、何個か集めましたが。

映画の話は甲子園を目指すというものですが、1年生の部員として、超高校級の赤星と、平塚が大物だと勘違いした浜中が入るところがスタートです。

赤星は最初は甲子園を馬鹿にしていたのですが、急遽目指すことになります。大学生と一緒に練習をしていたのですが、ある日、煙草を吸っていて上級生ににらまれ、因縁をつけられたところを御子柴がかばって怪我をしてしまったことにより、赤星が野球部に入ります。

メインは東京都大会で、甲子園出場に向けて決勝戦まで順調に勝ち進むのですが、決勝戦のピッチャーに手を焼き、劣勢に立たされます。

バットを振るときにボールが当たってしまい骨折してしまったりしたんですが、何とか勝ち越して甲子園出場を果たします。

高校生で煙草を吸うのが相応しくないのと、ボールをバットで打つときのフォームが1箇所おかしいところがあったんですが、感動の結末でしたね。

楽しめる映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

安河内哲也著『おとなのやりなおし英語学習法』

Photo_2

2001年 学習研究社 1400円

ちょっと古い部分もあるのですが、今でも使える勉強法もたくさん載っています。

英語でスランプを感じている人は読んでみるといい刺激になると思います。

私も諦めていましたが、頑張ってみようと思っています。

短期的に集中してやるよりもコツコツと1日30分でもいいのでやる方が効果的なのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田晋著『藤田晋の仕事学』

Photo

日経BP社 2009年 1400円

日経アソシエのコラム連載をまとめた本です。

日経アソシエの雑誌はたまに読むのですが、こうやってまとめて読むとまた違った感じになりますね。以前、奥菜恵さんと結婚していたことで知った人も居たのではないかと思います。

若い社長であっても人を育てることに熱心で、飴と鞭を使い分けながらもやっているところは凄いと思います。私もこういう会社に行きたかったですね。

若いビジネスマンは読んでみると参考になると思いますよ。

この連載、確かまだ続いていたはずです。ということは、第2弾も出るっていうことですかね?

藤田社長のブログです。

http://ameblo.jp/shibuya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

浜口直太著『実践!仕事のルール』

Photo_2

グラフ社 2009年 1238円

今回は仕事のルールということで、浜口さんの実体験を基にしたこういう人が出来るとか出来ないなどという感じのものです。

今までとの切り口とは若干違うものの、読みやすい本です。

社会人経験者なら一度は読んでみるといいかなと思います。

「これあったな」など自分のエピソードを織り交ぜてみるといいかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤ゆり著『ミス東大加藤ゆりの夢をかなえる勉強法』

Photo

中経出版 2009年 1300円

東大在学中でタレントとして活躍している加藤ゆりさんの勉強法です。面白くてあっという間に読んでしまったのですが、同じく東大で弁護士の本村健太郎さんとはまた違った勉強法になっています。読み比べてみるのも面白いかなと思います。

ブログの更新がしばらく滞っていましたが、少しずつまた更新していきます。

1冊、国立国会図書館から取り寄せの可能性の本もあるんですが、こっちはお持ち帰りが出来ないんで、どうするかですね。

加藤ゆりさんのブログです。

http://ameblo.jp/katoyuri-blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

吉越浩一郎著『ムダな仕事はもう、やめよう!』

Photo_3

かんき出版 2008年 1400円

吉越氏の口ぐせが本のタイトルになったという感じです。

他の本でもこのことはよく書かれているのですが、上司が原因であるとも書かれています。以前ある会社で「帰りにくいから残業していたこともあった」という話をしている人が居ましたが、これもはっきり言ってムダですよね?自分で追い込む環境を作るのが一番いいみたいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看護学校入試編の本

今回、英語で使った本です。

石井雅勇著『短大専門学校受験用 看護・医療系の英語』

学研 2008年改訂 1000円

Photo

1冊やってみたのですが、イマイチピンとこなかった本です。

でも、多くの本屋で売られているのはこれで、看護学校受験したときに私以外に持っている人が居ました。

で、私のおすすめはこっちです。

佐藤ヒロシ著『医療看護系入試が面白いほど解ける本』

2005年改訂 中経出版 1300円

実は、紀伊国屋書店では国語はあったんですが、英語は関西の方から取り寄せとなります。今はあまり見ない本らしく、ウェブでの注文はできない状況となっています。

相模大野くまざわ書店ではありましたが、後はどこであるかは未定です。(私が買ったので今は無いはずですが)

こっちの法が文法の対してはわかりやすく説明していていいですね。まだ途中だけど、対策としてやってみる価値はあるかなと思います。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

吉永賢一著『東大家庭教師が教える頭が良くなる読書法』

Photo

中経出版 2009年 1300円

吉永さんの最新刊です。正直な感想は勉強法や記憶法ほどのインパクトは無いのかなと思います。

ただ、いろいろこんなやり方もいいのではないかということも書いてあるので参考になるのかなと思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

スターウォーズ

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_6 Photo_7

今更という気もしますが、観ました。途中から英語字幕に挑戦しているんですが、わかりません。ストーリーもさっぱりですね。

最後のはリミテッドエディションです。4~6と1枚スペシャルのディスクが入っていたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

ネバーエンディングストーリー1&2

Photo 2

今更と思われるかもしれませんが、初めて見ました。しかも、字幕を英語で。

でも、ストーリーはわかりましたよ。ある少年が本の中の話を夢で見るような感じのストーリーなんですが、楽しめました。

字幕を英語にしてもストーリーがわかるんだって初めて知りました。

友人に借りたので見たので、3はレンタルビデオ屋で借りて見ようかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

古川裕倫著『他社から引き抜かれる社員になれ』

Photo

ファースト・プレス 2006年 1400円

古川さんの最初に書いた本です。

どうやったら貢献できるのかということが書かれていたりして面白いです。

なるほどなっていうこともいっぱい書いてあります。

社会人になった人、管理職の人も含めて読んでみるといいかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

野村正樹著『すぐ役立つお詫びの作法と勘どころ』

Photo_2

法研 2009年 1200円

現在作家で元サントリー社員の野村正樹さんの著書です。

作家としての文筆活動の方が多いのですが、今回は会社員時代にあったことをまとめながら書いています。

販売員など商売をしている人にとっては、読んでみると役に立つことがいっぱいあるのではないかと思います。

メモを作っておくのも有効だと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊藤守著『3分間コーチ』

Photo

ディスカバー・トゥエンティワン 2008年 1400円

コーチングということで面白いかなって思い読んでみたのですが、ちょっとわかりにくかったです。ただ、なるほどと思えるところもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »