« 内田政志著『仕事がイヤになったら迷わず読む本』 | トップページ | 麻生けんたろうさんへ »

2010年6月26日 (土)

麻生けんたろう著『「しゃべる」技術』

Photo

WAVE出版 2008年 1400円

タイトルにあるように「どうやってしゃべったらいいか」が書かれた本です。

麻生さんがアナウンスセミナーを受けてみて感じたことなどをまとめています。

最初の方はなるほどって思うこともあるのですが、後半はちょっとピンと来ない話が多いです。ソの音でしゃべるといいとかって書かれていたと思うのですが、どうやってやったらいいんだろうと考えてしまいます。

麻生さんのHPです。

http://www.1mc.biz/

|

« 内田政志著『仕事がイヤになったら迷わず読む本』 | トップページ | 麻生けんたろうさんへ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お読みいただきありがとうございました。又ご感想まで載せていただき感謝です!

「ソ」の音とは自分の声でドレミファと続けて「ソ」になった音階で普段の会話をしてみるということです。簡単にいってしまうと「明るい声」ですね(^u^)明るい声を具体的にあらわすと
「ソ」の音程なんです。

投稿: 麻生けんたろう | 2010年6月26日 (土) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281699/35500558

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生けんたろう著『「しゃべる」技術』:

« 内田政志著『仕事がイヤになったら迷わず読む本』 | トップページ | 麻生けんたろうさんへ »