« 久和ひとみ著『絶筆』 | トップページ | 田中越郎著『好きになる生理学』 »

2010年8月25日 (水)

岡野雅行著『俺の感性が羅針盤だ』

Photo_6

こう書房 2010年 1400円

岡野さんの最新の著書です。
今回は橋本裕之さんが岡野さんのことを紹介しながら岡野さんにインタビューをしたものを載せています。岡野さんは画期的なものを発明していますが、基盤になっているものはアナログの技術であると語っています。一見古そうな技術でも使い方によっては新しいものになるということです。
学歴が無いと嘆いている人は読んでみるとすっきりすると思います。

|

« 久和ひとみ著『絶筆』 | トップページ | 田中越郎著『好きになる生理学』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281699/36112657

この記事へのトラックバック一覧です: 岡野雅行著『俺の感性が羅針盤だ』:

« 久和ひとみ著『絶筆』 | トップページ | 田中越郎著『好きになる生理学』 »