« 鈴木恵子著『図解入門よくわかる高校生物の基本と仕組み』 | トップページ | 岡野雅行著『俺の感性が羅針盤だ』 »

2010年8月22日 (日)

久和ひとみ著『絶筆』

Photo

小学館 2001年 1300円

2001年3月に子宮がんと闘病をし、最後は肝炎で亡くなった久和ひとみさんの闘病記が日記とともに載っています。安藤優子さん、小谷真生子さんのようなキャスターとして活躍していましたが、私は若かったのかどんなキャスターだったのかがよくわかりません。日記が多いのと癌のことについてあまり書かれていなかったのが残念です。

|

« 鈴木恵子著『図解入門よくわかる高校生物の基本と仕組み』 | トップページ | 岡野雅行著『俺の感性が羅針盤だ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281699/36293312

この記事へのトラックバック一覧です: 久和ひとみ著『絶筆』:

« 鈴木恵子著『図解入門よくわかる高校生物の基本と仕組み』 | トップページ | 岡野雅行著『俺の感性が羅針盤だ』 »