« 本はインターネットと本屋どっちで買う? | トップページ | 佐々木かをり著『ミリオネーゼの手帳術』 »

2010年11月12日 (金)

99年の愛

映画のコメントは書くことはありますが、ドラマはあまり書いていなかった私です。
でも今回は印象に残ったドラマなので、書かせてもらいます。
脚本が橋田壽賀子さんだったということとぴったんこカンカンなどで番組が紹介されており気になった人も多かったと思います。

内容は、20世紀初頭のアメリカに父が移民として行ったことから始まり、最後は現代になります。戦争により引き裂かれたシーンが非常に印象的でした。戦争ものでありながらもその時期を外したのは、5夜でやるためだったのかもしれません。内容としてはかなり深いもので、戦争を経験した者が伝えたいメッセージを描いているものだと思います。
それにしても長かったです。イモトアヤコさんの田舎っぺの格好似合っていました。最初、草なぎ剛さんが2役やっていたので時代背景がおかしいと思ったのですが、ストーリーが進んでやっとわかりました。最初の草なぎさんが中井貴一さんになり、イモトさんが泉ピン子さんになるんですが、ちょっとわかりにくかったですね。もし観ていない人がいたらいずれDVDになると思うので観ることをおすすめします。

|

« 本はインターネットと本屋どっちで買う? | トップページ | 佐々木かをり著『ミリオネーゼの手帳術』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281699/37629853

この記事へのトラックバック一覧です: 99年の愛:

« 本はインターネットと本屋どっちで買う? | トップページ | 佐々木かをり著『ミリオネーゼの手帳術』 »