« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月18日 (火)

小島慶子著『女子アナ以前』

Photo_2

大和書房 2011年 1300円

タイトルで『女子アナ以前』となっているのですが、学生時代のことはあまり語られていなくて、女子アナになってから子育てのことが多く書かれています。タイトル選定を間違ってしまったような印象です。私立の有名な学校に入ったとしてもいじめはあるし、無理にママ友を作らなくてもいいのではというのは共感できるところではあるかなと思います。最後の方で「手のひらの幸せ」というタイトルで向上心の2通りについて書いているのですが、一つ目は、自分の足りない部分を見つめて「あれがあればもっとよくなる」「あれが手に入れば人生が変わる」という向上心、二つ目は今自分が手にしているものを見つめて「これがあってよかった。じゃあ、こっちも伸ばそうか」「これを持っているのにうまく行かないということは、あと何が足りないのかな」という向上心だそうです。私もこの言葉を時々思い出しながら仕事に取り組んでいきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北山節子著『元カリスマ店長が明かす“苦手な人”がいなくなる!人づきあい29のルール』

Photo


大和出版 2011年 1400円

若い人でも読みやすいように自分の体験を交えた低い目線で書かれています。読みやすい文章だったのであっという間に読んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

加藤雅士著『電子書籍の作り方、売り方 iPad/Kindle/PDF対応版』

Photo_3

MDNコーポレーション 2010年 1500円

ipadなどの電子書籍を私たちでも作れるという指南書です。読み物というよりはマニュアルですかね?どんなものか知りたいという人は読み物的な本を選んだ方がいいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土橋正著『仕事にすぐ効く魔法の文房具』

Photo_2

東京書籍 2010年 1600円

一度、記事を書き更新しようとしたのですが、ココログの不具合なのか更新できずにいた本です。仕事場に持って行って使えそうな手頃な値段の文具もあるんですが、万年筆やカランダッシュのシャーペンなど、1万円以上する高価なものもあり、仕事場で使うにはちょっとという商品があったのも事実です。失くしちゃうと怖いしね。文具好きな私でも知らない文具がいっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トニー・ブザン著『ザ・マインドマップ』

Photo

ダイヤモンド社 2005年 2200円

マインドマップが流行るきっかけとなった本で、世界で1000万部というベストセラーになった本です。私自身も一度作ったことがあり、興味があった本ではあったのですが、翻訳本ということもあり、イマイチ内容がつかみきれませんでした。もし、興味がある方は日本人が書いた本を読んでからにしたほうがいいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

日経ビジネス

今回の号では、iPhoneのアプリが紹介されてます。有料多いですが。『iPhoneバカ』を書いた美崎栄一郎がコーナーで質問に答えているのも見ものです。持っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか?私は知らないのばっかりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

宇都出雅巳著『どんな本でも大量に読める「速読」の本』

Photo_4

大和書房 2011年 1400円

専門の学校等に通って特別な技術を使わないで出来るというのがウリの本です。繰り返して読んだり、立ち止まらずにやることなどなど出来そうなことこともあるんで挑戦してみるのもいいかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松田有利子著『なぜか幸運な人たちが、普通にやっている小さなこと』

Photo_3

学研パブリッシング 2010年 1300円

「ちょっとしたことでも幸せになれる」という方法を書いた本です。飲み物や食べ物なども紹介されています。女性向けの本だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わらし仙人著『非常識な速読術』

Photo_2

ゴマブックス 2007年 1300円

どうやったら速読できるかを本人の体験談を基に書いています。速読術だけではないんですが、そこで参考になる言葉があります。

仕事ができる人・・・全体を見渡して、重要なポイントを素早く見つけて、自分がやるべき仕         事に優先順位をつけて実行できる人

仕事が出来ない人・・・全てを同じように考えて、どれが重要だとかは考えず、最初から順番に片付けようとして、途中で止まって、いつまでたっても仕事が終わらない(始まらない)人のこと

成功と失敗の分かれ目=本質を見抜く能力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木村秋則著『すべては宇宙の采配』

Photo

東邦出版 2009年 1429円

『奇跡のリンゴ』で有名になった著者のその後に出した本です。今回は若い頃のこと、完全無農薬のリンゴを作ろうとしたきっかけなどが書かれています。目新しさはないですが、『奇跡のリンゴ』を読んで内容を深めたいという人は読んでみてもいいかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

本の写真

パソコンのインターネットが繋がったのでやっと更新できました。サクサク動いてびっくりです。もっと早くやれば良かったかな?フレッツ速度速いですね。
本のレビューの文章はipod touchで書いて、今後は後からパソコンで画像を挿入して更新していこうと思います。宜しくお願いします。フレッツポータブル持ってから外で文章書けるようになったのでこのようにしたいと思います。そうすれば読んだ本の記憶を忘れずに済みますからね。8月中旬に一冊本を読んだはずなのにレビューが更新されていなかったので、今日にでも更新しようと思います。過去に読んで更新できていない本も読んだので感想は忘れちゃったんで書けないものもあるんですが、読んだ本の記録だけでも更新したいなと思います。タブレットPCも良いけれど、長文書くには不向きなので、やっぱりパソコンは必要なんですね。改めて痛感させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

さかもと未明著『どん底力』

Photo

マガジンハウス 2010年 1300円

一般の人の悩みをさかもとさんがアドバイスするというものです。ぶっちゃけの話が書かれているので親しみを感じます。この本を読むと、どん底でもポジティブになれるアドバイスになっているので、皆さんもポジティブになれると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美崎栄一郎著『iPadバカ』

Photo_2

アスコム 2011年 1300円

「iPadは万能なマシンではないが、画期的なマシンである」という前書きぐ有るように、パソコンのように大量の文字を見るのには最適なマシンだなと思いました。正直、これを読むとiPad欲しくなります。私もiPod touchは持っていますが、iPadはまだですからね。今回はiPhoneバカよりはビジネスで使えそうなアプリが多かったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

鳥原隆志著『入社2年目のインバスケット思考』

Photo_3

WAVE出版 2011年 1400円

入社二年目の四人が先輩から与えられる課題に答えてどれが良いか解説していく本です。あまり内容が無かったので期待外れでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田秀樹著『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣

Photo_4

大和書房 2009年 1300円

九つの習慣とは、とにかく動くできることだけやる他人に頼る計画しない休む失敗してみる感情に従うマネする法則を見つける です。具体的で感動できる事例が有れば説得力もあり良い本といえるのですが、少なかったので内容が薄っぺらい感じがしました。今の私は既に実行してることもあったのであまり参考にならなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »